呼吸法

【片鼻呼吸法(ナディショーダナ)をご紹介】

 

ナディ  ・・・気の通り道

ショーダナ・・・浄化

 

《目的》心身を落ち着かせる

    中庸に戻る(偏り過ぎないこと。不足でもなく、余分でもなく、バランスのとれた状態)

    瞑想する前に行うとより静かな心の状態で取り組みやすい

 

《効果》気持ち、思考がスッキリ。

    自律神経を整える。

    左右のバランス(陰と陽)を整える    

 

《やり方》

右の鼻をふさいで左鼻から息を吐く、

吐ききったら息を止める

左の鼻から息を吸う

吸い切ったら息を止める

左の鼻をふさぐ

右の鼻から息を吐く

吐ききったら息を止める

右鼻から息を吸う

吸い切ったら息を止める

 

↑これを数回繰り返す

 

これが片鼻呼吸法(ナディショーダナ)です。

 

ちなみに、人間の右鼻は交感神経(興奮状態の時に多く使用されている)

     左鼻は副交感神経(落ち着いているリラックスしている状態)

     そして、約2時間毎に交互に左鼻呼吸、右鼻呼吸になっています。(知ってましたか?)

     無意識に自律神経のバランスをとってるんですね。

     なので、自律神経を調律するのにも効果的と言われています。

 

冒頭に記述してますが、ヨガで行う時は瞑想をする前にやると効果的です。

心身にも良い影響を与えてくれますので、健康的です。

 

レッスンで行う時是非一緒にやってみましょう♪

 

コメント